絵日記

日本語の罠

@tomekomet
Written by @tomekomet

こんにちは。tomekkoです。

保育園を卒園した長男、小学校入学を控えて、最近初めての漢字を習ったりと、ちょっとお兄さん気分を味わっているようです。
テレビや大人同士の会話で聞く知らない用語なども気になるようで、いろいろ聞いてくることが増えました。

今回はそんな中の一つで、うっかりワタシも騙されてしまった日本語の罠(笑)について。

鯛にもいろいろあるけれど、日本ならではの鯛のこと、和鯛って言ったりするのかなぁ?

お寿司が好きで(と言っても食べるのはもっぱらエビとイカだけど)もう少し小さい頃には海の生き物系にもハマったことのある長男が言い出したことなので、ワタシも疑いなく頭に漢字が浮かんでいました。

でも、黒鯛とか金目鯛とか…鯛にもいろいろ種類があるし、それが日本近海でしか獲れないのか、とかどこの海で獲れるのか、なんて専門的なことはさっぱり詳しくないワタシ。

うーん…と答えに窮していると、長男がおもむろにテレビを指差して

あーーーーーーー‼︎

ワダイ違い。
インスタ映えばかり求めて最新のお店に群がる人を揶揄する「インスタ蠅」なんて言葉もありますが、テレビでも毎日のように「女子高生にワダイのスイーツ」「Twitterでワダイのお店」などを紹介していますよね。

まだ漢字を知らないがゆえの長男の勘違いに笑わされつつ、これから「イマドキの若者」になっていく彼らがどんな言葉や事柄を流行らせていくんだろう…とちょっと未来が楽しみになった出来事でした。

出張撮影で成長を記録しよう✨
70枚以上のデータ込で約15,300円〜

previous arrow
next arrow
Slider

【無料】まずはLINEで撮影相談♡


ライタープロフィール

@tomekomet

@tomekomet