絵日記

効率化!時短!と思いつつやめられない気持ち

@tomekomet
Written by @tomekomet

こんにちは。tomekkoです。
母になると、とにかく家事はなんでも効率化!時短!が求められるし、それができるとなんか主
婦力上がったような気がして気分も良いですよね。
ワタシも主婦力は低いなりに、できるだけ同時に複数のことを進めたり、一度で済ませられそう
なことはまとめたりと工夫はしているつもりなんですが、実は内心コレ要領悪いなーと自覚しつ
つもやめられない無駄な動きがあります。
それは、洗濯機を回す時なんですが。

我が家も一応流行りの(?)酵素系漂白剤を使っていて、粉末をバケツなどで4〜50度くらいのお
湯で溶かしてから洗濯機へ投入しています。
その様子を見るのがやたら楽しみなのが次男。
朝起きるとすぐに脱衣所にやってきてこの作業を嬉しそうに眺めています。
たまたま最初の時、小さめの風呂桶で溶かしたらあんまりうまく溶けなくて、洗濯機と蛇口の間
を何度も行ったり来たりする羽目になりました。
それを謎の使命感を持って見届けようと後をついて回る次男。
洗面台の踏み台に乗ってお湯が出るのをじっと見つめ、ワタシが洗濯機の方へ移動するとピョン
と飛び降りて遅れまいとついてきます。
洗濯機へ流し込む様子を観察したら、またワタシが蛇口へ戻るのを察知して先回り。
大きめのバケツにするとか、もっと高温でしっかり溶かしてから入れるとか、一回で済ませる方
法はあるんですけどね。
大人にとってはただの徒労・無駄でしかない行動を、キャッキャと声を上げて笑いながら楽しん
でいるなんて。
なんだかその様子が猛烈に可愛くて。。。
慌ただしい朝ですが、ほんのひと時の癒しの時間として、次男が見飽きるまではあえて小さな風
呂桶でこの作業を続けたいと思っています。

出張撮影で成長を記録しよう✨
70枚以上のデータ込で約15,300円〜

previous arrow
next arrow
Slider

【無料】まずはLINEで撮影相談♡


ライタープロフィール

@tomekomet

@tomekomet