育児論

2回の流産を乗り越え…てっとさんの出産までのお話

non.tettomama
Written by non.tettomama

こんにちは😊@non.tettomamaです。

結婚当時から子供は2人欲しいととーちゃんとも話していたので、のんちゃんが2歳くらいになった時に妊活を始めました。

のんちゃんの時はすぐに妊娠したので、2人目もすぐできるんだろーなーと、簡単に考えていました。

そして、やっぱり妊活始めてすぐに妊娠に気づき病院に行きました。 まだ、早く心拍が確認できないと言う事でまた2週間後に行くと、先生から今回も確認できないので、「繋留流産(けいりゅうりゅうざん)」の可能性があるといわれました。

繋留流産とは

妊娠しても子宮内で胎児が死亡してしまうものの、妊婦に症状が何もない流産のことを言います。出血や下腹部痛をまったく伴わない流産。原因としては、胎児の染色体異常が多いようです。

なので、繋留流産と診断された方、自分を責めないでくださいね😊

そして、2週間後に検査に行きましたが、やっぱりダメでした…。

ただ、流産といってもお腹の中には将来産まれてくるはずだった赤ちゃんがいるので、外に出してあげないといけません。私は全身麻酔で手術をしてもらいました。手術と行っても日帰りで、時間も30分くらい。なので半日で家には帰れました。

手術の他にも自然に出てくるのを待つ、「自然流産」の方法もあるそうですが、痛みや出血を伴い、いつ起こるかわからないというリスクがあります。

先生にも「1回の流産はよくある事と」言われたので、あまり重く考えてはいませんでした。

初期流産の確率

調べて見たところ、初期流産は、約13%・8人に1人の割合で起こっているようです。 やはり女性の年齢が高くなるほど、流産率も高くなるようですね。

術後4ヶ月くらいにまた妊娠したのですが、2回目の繋留流産でした。さすがに2回も経験するとは思ってもいなかったので、落ち込みましたね😩

2回目の繋留流産の確率

2回目の確率は4%。3回目に流産をする確率は0.8%だといわれているようです。

先生からもし、3回目ダメだったら不妊の可能性があるので検査しましょうと言われましたが、とーちゃんと相談して検査して治療が必要とならば、諦めようとなりました。

すごい辛い経験をしたけれど、その度のんちゃんの存在に、すごく救われました♥

そして、3回目の妊娠が分かった時、今回は大丈夫だ!!とママの勘が働きました。

病院に検査に行くと、すぐに心拍が確認でき、すっごくホッとしました😊

その後は軽い悪阻はあったけれど、検診に行くたび、大きくなり元気な姿をみせてくれました。

1回目と2回目の妊娠時の違い

のんちゃんの時にはなくて、てっとさんの時あったものが、いくつかあります。

悪阻

安定期までずーっと気持ち悪いなーって感じでした。

臭い

特にカレーの臭いがダメだったので、とーちゃんは大好物でしたが、我慢してもらいました。

カフェイン

のんちゃんの時は、特にこれを食べたい!あれを飲みたい!ということはなかったのですが、てっとさんのときは凄く緑茶を欲するようになりました。でも妊娠中のカフェインの過剰摂取は良くないので、生茶のデカフェにお世話になりました。

キリン 生茶デカフェ PET 緑茶(430ml×24本)

ありがとう生茶w

(不思議なことに、妊娠前はコーヒーは苦手でしたが、産後、コーヒーを飲みたい!と思うようになり、産後もデカフェのコーヒーなどを飲んでいます)

何とか乗り切って、妊娠8ヶ月後半のんちゃんを連れて里帰り出産のため、飛行機で帰省しました。

帰省中は、じゅじゅ(じーじ)ばーば、友達と遊びに行ったり、近所に子育てサロンがあったので遊びに行ったりしていました。

慣れない環境でのんちゃんはストレスからか、凄く気性の激しい性格に…。そして、ママも出産前でイライラもし、鬼ママに…。今になると、なんであんなに怒ってしまったのかな…と反省しています😩

そして、今回はとーちゃんも立ち会えたらと思いなんとなく予想し、出産予定日の2日前に来れるように飛行機をとっていました。

とーちゃんも来た予定日2日前……まだ産まれていません…。

子育てサロンや友達にあうと、あれ?まだ?と何処でも言われてましたw

私が1番まだ?って思ってましたけどw

そして、予定日1日前の夜寝ようとした頃前屈陣痛のようなすこーし痛みがありましたが、経験上まだまだと思い、翌日検診予定だったので普通に就寝😪

そして予定日当日、検診に行くと陣痛は来ていて、子宮口も少し開いてきていましたが、先生が強くなってきたらまた来てくださいというので、とーちゃんのんちゃんと公園に行きました😊

なかなか広い公園だったので、歩いて〜休憩〜を繰り返していると、ドンドン痛みが強くなってきて、帰る頃には陣痛が来る時には歩けない程になっていました😫

一旦実家に帰り荷物を持って、ばーばと病院に行くと、陣痛も強くなってきていて、子宮口も6cmまで開いていました。(この時点で午後一時くらい)

入院し、ベットに横になっていましたが、陣痛が徐々に弱くなり夕食の時間…。夕食も完食して、看護婦さんシャワー入る?と聞かれたので、これからの出産に備えて入ることに。しかーし!!シャーワー室まで歩く途中に陣痛が強くなってきて、せっかく着いたのに、看護婦ストップ!!

陣痛と戦いながら帰ることに😢

そして、またベッドに横になると、陣痛が弱まりました…。早く産みたかったので、自主的にナース室の前をウロウロ〜としていると、また強くなり、ベッドへ……そしてまた、弱まりました😫

旦那とのんちゃんも来たので、ベッドでお話していて、時折来る陣痛に顔を歪めていると、スパルタのんちゃんに

「ママなにしてんの!」
「こっちむきなさい!」

と怒られました😂

8時になり面会時間も終わるアナウンスも流れた頃に一旦診察もあるので、家族は外に出され一人で待っているときでした。上向きだと辛かったので右向きに体を変え少しした頃…陣痛のピーク!!!

しかーし!!ナースコールが左に!!押せなーーい!!!(みなさん陣痛のときナースコールに背は向けてはいけません!)

そこへ、ナイスタイミングでとーちゃん登場!!

ナースコールを押してもらい、先生登場!

内診すると、子宮口も全開なので、歩いて隣の部屋の分娩室へ。経験してるので、落ち着いて分娩台へ行けました。

分娩台で、とーちゃん立会いのもと(とーちゃんの声1つも聞こえませんでした)

てっとさん8時29分誕生♥

分娩室へ移って20分くらいでした。

顔を見た時は、のんちゃん時と同じでやっぱり不思議でしたが、可愛かったなー♥♥

この後、のんちゃんはてっとさんと対面し家に帰り、嘔吐したそうです…。

ママの苦痛な顔と声を聞いて、赤ちゃんが出てきてと、のんちゃんには衝撃的な出来事が多すぎた様です。

上の子のサポートはなかなか難しいので、家族がいてくれてよかったです。

てっとさんの妊娠〜出産エピソード、長くなってしまいましたがこんな感じです♪

2人目の妊活に悩んでいる方は私の周りにも多いです。妊娠出産は全く同じな事は無いと思うので、少しでも参考になれば嬉しいです!!

よろしければのんちゃん出産までの記事も以前書いたのでみてください😘

出張撮影で成長を記録しよう✨
70枚以上のデータ込で約15,300円〜

previous arrow
next arrow
Slider

【無料】まずはLINEで撮影相談♡


ライタープロフィール

non.tettomama

non.tettomama

H26.8.5 のんちゃん
H29.9.24 てっとさん
北海道在住 2児のママ