こんにちは、ちい です。息子が2歳になったばかりくらいの頃のお話です。 









どうしてそんなに頑なに……? 
と思うほど、絶対に『ごめんなさい』が言えませんでした。 





私も意地になってしまって、ケンカみたいになってしまうこともしばしば…… 
(33歳vs2歳) 





『ごめんなさい出来る?』 
『でちない…』 
というやり取りが頻繁に起こりすぎて、 
私も滅入ってきていました。 





『本人が嫌がっているのに、私が促すのは間違っているのか…?』 





『でも、悪い時はちゃんと謝れる子になってほしいし…』 





なんて考えてモヤモヤ… 





そんなある日、夜寝る時に、 
ふざけていた息子の足が私の頭にミラクルヒット。 









私も、毎日のやり取りが嫌になっていたのと、自分が眠かったので、 
『まぁいいか……』 
と寝る事に。 





しかしそれから2、3分後…… 





 








『言えそう…』 





と言ってから、また2、3分考えてから… 





小さな小さな声でしたが、 





『ごめんなしゃい……』 





と言えたのです!! 





すごく小さな事ですが、 
とてもとても嬉しかったのを覚えています。 





それは息子も同じだったようで、 









その日は2人で枕を濡らしました。笑 





今でもたまに思い出す、とても心に残っている出来事です。 





インスタグラムで絵日記を描いています!よければのぞいてみて下さい(・ω・)/ 
インスタグラム→ @chii_manga(ちい)