こんにちは😊Chieです❣️ 





今回は私が子育てで最近つまづいた“口出し”と“サポート”の微妙な違いについてお話したいと思います💭 





口出しの例





りっくんのサッカーの話になるのですが、どうもディフェンスは積極的なのにシュートをあまり打とうとしないんです💦 
なぜだろう?これはどうやったら対処できるのだろう?とネットで調べてみると、私に言われているような言葉を見つけました👀 





“「敵が目の前にいるのにむやみに蹴っても取られる」そんなことばかり言うと打たない子になります。 
⭐️まずはゴールが見えたらガンガン打つ! 
⭐️ディフェンスに取られたらどうしたらとられないかを考えれば良い。 
⭐️ゴールに届かなかったら、どうやったら届くか考えれば良い。 
ただそれだけの事です。” 
(ON THE BALLさんサイトより要約) 









気づかないうちに私はつい熱くなって、りっくんにサッカーが上手くなってほしくて、よりよい方法を教えようとしてしまっていました💦 
ですが、本来は子どもがそれを自分で考えて行動しないと身にならないのだととてもシンプルな事に気づかされました💦 
りっくんに色々な事をアドバイスしすぎてプレーが伸び伸びしていないのであれば自分のせいだと反省しました。 
私は完全に口出しタイプの親だなぁ…子育てって改めて難しい😬そう思いました😞 





サポートの例





今は亡き私の母はまさにこのタイプ✨ 
まず母に注意されたり、こうしなさいとか言われた覚えがないです👀 





私がピアノを習いたいと言えば通わせて、嫌になったからやめたいと言えば辞めさせてくれて(笑) 
そんな感じでピアノや水泳はモノにする事が出来なかったんですけど、逆にお絵かき教室と習字と英語の塾は私に合っていたようで、すごく長続きしました😊 
そのお陰で、絵と字はわりと上手く書ける方だと思うし、英語はいつもテストでは必ず95点以上でした👍 
↓ドヤ顔 









そんなこんなで身にならない事もありましたけど、好きな事だけは伸ばす事が出来たし、何より母がいつも私の味方なので“嫌になったら最悪は逃げ道があるし、好きな事は伸び伸びやれる”というとてもやりやすい環境を作ってもらっていました☺️ 





勉強面でも英語以外は塾に通った事がなく、ずっと進研ゼミは続けていたのですが、たぶん誰かに教わるより自分で分からない所をコツコツ考えたりするのが合っていたのか、自分で言うのもなんですが勉強は得意でした✏️ 
母はいつも「ちえちゃんはやればできる子」と言ってくれていて、それがプレッシャーではなく「よーし!またやろう✨」と自分で自然と思えていたんですよねぇ😌 





あぁ、なんでこんなに親子で性格も教え方も違うんでしょう😂 
本当に私の母にはいつまでたってもかなわないです🙇‍♀️ 









まとめ





よく私が参考にしている“サカイク”というサイトに今回のテーマとピッタリな言葉がたくさん出ていたので、まとめました⬇︎ 





⭐️私が教えてあげなければ!は逆効果💥 
→反発したり、自分で考えられなくなる。 





⭐️子どもの自主性を尊重する✨ 
→いつも応援しているよ💖というメッセージや褒め言葉はたくさんかけてあげて、あとは見守るくらいで! 





⭐️とにかく信じる🥰 
→信じて任せていれば、子どもは大人が思っている以上の事をやってくれる😊 





…なんだかサッカーの事を調べていたのに、自分の子どもへの接し方まで学びました🥺 





子育てって終わりがないし、どんどん課題は出てくるし、親と子どもの性格やその組み合わせによっても反応が違ってくるし… 
本当に奥が深くて難しいけど、実はシンプルな考えで接するのが1番なんだろうなぁ✨ 
2019年の自分の課題も見えました❗️ 
これからは“口出し”が“サポート”に変われるよう私も努力したいと思います💪 









最後まで真面目な話になってしまいましたが、読んで下さりありがとうございました☺️ 
ではまた、みなさん風邪に気をつけて下さい🍊