健康ブームが叫ばれる昨今。
妊娠中、産み落としたら絶対痩せる!運動する!
と熱い決意表明を主人へしていたのはどこのどなたでしょうか。

息子9ヶ月。

さほど運動もせず二重顎も息子といい勝負、体力が落ちる一方の32歳です。

昨年、栄養機能食品として大人のための粉ミルクが発売されたり
赤ちゃんの授乳のリズムをモデルにし昼夜問わず3時間おきに鶏肉を摂取して肉体改造をするボディービルダーなど
赤ちゃんを参考にした食や生活に関する情報をチラホラ耳にします。


私自身、ベビー石鹸やワセリン、ベビーローションを塗ればひょっとして赤ちゃん肌になれるのでは?!
と、ワセリンを塗り、翌日ニキビが出来た記憶も新しく、
当然ですが
「そもそも肌のベースが赤ちゃんじゃ無いんだから‼︎」
とハッと我に返ったことは言うまでもありません。



そんな惨事があったにも関わらず、
また、
ボディービルダーにも
「全く、赤ちゃんじゃ無いんだから」
とヤレヤレ感満載の溜息を漏らしたのに





・・・全く学習しない母ちゃん。



人は何度も何度も同じようなことを繰り返し、成長していくのです。

と、自分を慰めつつ
息子にはわたしを反面教師として要領の良い男になってもらいたいものだと思う母なのでした。