「保育士だから、子育てなんて簡単でしょ?」そんなイメージを持たれがちな保育士ですが、いざ自分の子どもを育てるとなると、想像以上に上手くいかないものです。


今回は、30~40代の子育て世代の保育士さん10人に聞いた、「子育て中の保育士のリアルな本音」をご紹介します!

子育て中の保育士のリアルな本音TOP5

「保育士だからって育児が完ぺきとは限らない!」と語るのは、5歳~高校生のお子さんを持つ10名の保育士さん。


ここでは、保育士さんたちが抱える悩みで、特に多かったものを5つご紹介していきます。


「保育士の子育てってどんな感じなのかな?」と興味のある方や、現役保育士のママさんはぜひチェックしてくださいね。

1位 家でも仕事でも育児三昧でノイローゼ気味に…

仕事でヘトヘトになりながらも3歳の娘をお迎えに行って、家に連れて帰るけど、うちの娘はかなりの「かまってちゃん」。普段一緒にいれない分、「遊んで!」といわれると「遊んであげなきゃ」と思うんだけど、どうしても体が疲れて動かない。家事もおろそかになりがちだし、もしかしたらこれが「育児ノイローゼ」なのかも…。


(Tさん/31歳/3歳児子育て中)


2位 仕事では上手くいくのに、家では育児が下手になる?

仕事では「人様のお子さん」と割り切れるから冷静に対応できるけど、自分の子どもとなると話は別。ついつい感情的になって、「宿題しないでゲームとかありえないから!」と怒ってばかり…。でも最近はちょっと反省して、「宿題おわったら美味しいおやつあるよ~」とご褒美作戦を実行中(笑)案外上手くいってます!


(Sさん/43歳/小学4年生子育て中)

3位 感謝されないことがつらすぎる。

職場では、保護者の方に「いつもありがとうござます!」と感謝の言葉をかけてもらえて、それがモチベーションになっているけど、家では感謝は皆無。感謝されるために子育てをしているわけじゃないけど、やっぱり夫や家族に感謝の言葉がないってつらい。でも、息子がたまにいってくれる「大好き」って言葉が本当に嬉しくて、これからも頑張ろうってなる。


(Aさん/35歳/小学1年生子育て中)

4位 保育士ならではの知識が役に立ち、メリットも多い? 

職業柄、子どもがかかりやすい病気とか、ケガの処置方法とかの知識があるから、育児で役立つことが多くて助かる!「この咳の仕方は…クループかな?」とか、「鼻血が出たら、下を向かせて眉間を冷やして…」とか、自分の子どもに何かあったときに知識が役に立つと「保育士しててよかった~」って思います。


(Kさん/32歳/2歳児子育て中)

5位 家庭があるってステキなことだと思う!

独身の頃は「子育てと仕事の両立なんてムリ!」って思っていたけど、やっぱり帰って誰もいない部屋を見ると、「ひとりって寂しいな…」と感じることもあったかな。結婚して子供を産んで、家庭を持ってみると、やっぱり大変だけど、その分笑顔も増えたし(ケンカも増えたけど(笑))「家族のためにも頑張らなきゃ」っていうモチベーションにもなるし…。やっぱり家庭があるってステキなことだと思う!


(Hさん/40歳/小学3年生子育て中)

保育士の子育ては楽じゃない!休息と自分へのご褒美も忘れずに


保育士でも子育てに悩むことはたくさんあるんですね。


それでも、どんなときも負けずに頑張る保育士さんたちは、ママたちの強い味方です!


ただ、頑張りすぎてしまうと、身体を壊しかねませんので、ときにはご両親や親戚に子どもを預けてゆっくりカフェに行ったり、好きな服を買ったりと、気分をリフレッシュさせることや自分へのご褒美も必要です。


息抜きをしながら、自分に合ったペースで子育てに向き合いましょう!

ママライター募集中!

フォトリマガジンでは、ママたちに役立つ記事を書いてくださる「ママライター」「保育士ライター」「カメラマンライター」さんを募集しています!


育児ノウハウや、子供を可愛く撮るカメラテクニック記事などを書いてくださる方、ぜひLINEまでご連絡ください!


・1記事2,000円〜5,000円(税込)

・文章力に自信がない方でもOK


>>> LINE友だち登録する <<<

【LINE友だち特典】「子供をふんわり可愛く撮る方法」をプレゼント🎁!



フォトリの公式LINEに登録いただいた方だけに、「子供をふんわり可愛く撮るテクニック集」をプレゼント🎁!


ぜひゲットしてください✨

👇🏻

>>> LINE友だち登録する <<<


LINEではおトクな撮影クーポンやイベント情報も配信しています!