こんにちは、ニタヨメです。

今回は長女が小さかった頃のエピソードを描きました。



長女はとてもお喋り好きな子でした。

目が覚めると同時にお喋りスイッチオン‼︎

誰も彼女を止める者はいないので寝るまで続くマシンガントークに母は相槌ロボット化していました。



長女も小学4年生になり、お喋りも落ち着き自分の時間に大切にするようになりました。

成長したな〜、やれやれと母の相槌機能も省エネモードにしようと思った矢先…




長男のマシンガントーク炸裂。

長女が落ち着いたと思ったら、次は長男が一日中しゃべくりヘブン。

次は次女かな〜💦

お手柔らかにお願いしたいです。

注)描写では母がげっそりしてますが身体はぽっちゃりなので安心して下さい、食べてますよ。