雨の日が続くと、子どもだけではなく大人も退屈ですよね。一日だけならいいですが、何日も続くと「またこの遊び?」「飽きちゃった」となってしまいます。大人だってそうですよね。


でも、室内で飛び回るわけにはいかないし、ボールを投げたりするわけにもいかない。結局、ブロックやお絵かき、ままごとなど、定番の遊びを繰り返している…。


そんなあなたに朗報です!難しい道具がなくてもできる室内遊びは、いっぱいあります!定番の遊びもちょっと工夫すれば新鮮な遊びになりますよ。

雨の日でもできる室内遊び【家にあるものでOK!】

新聞紙遊び

どの家にもある新聞紙。保育園にもいっぱいありますよね。新聞紙はいろんな遊びができる万能アイテムです。


小さいお子さんは、ただ破るだけでも夢中になります。破るというのは普段「ダメ」と言われる行為なので、それができるのはやっぱり嬉しいんですよね。思いっきり破いて、雨のように降らせたり、囲いを作ってお風呂にしたりすることもできます。


他にも、剣にしたり、つなげてヘビにしたり、巨大な折り紙にしたりすることもできますね。


最後は片付け競争をしてビニール袋にまとめましょう。白いスーパーの袋に入れれば大きなてるてる坊主に変身!雨が止むようにお願いして飾りましょう。

小麦粉ねんど

小麦粉ねんどは、家庭でも簡単に作ることができます。必要な材料は、小麦粉、水、塩、サラダ油です。


小麦粉にほんの少しの塩とサラダ油を入れて、水を少しずつ加えていきます。扱いやすい硬さになればOKです。もし色を付けたい時は、食用色素を使うといいですよ。


普通のねんどと同じように遊ぶことができるので、室内遊びにぴったり。ねんどを買わなくても準備できるのがいいですね。


小麦粉ねんどのいいところは、食べ物を使っているところ。もちろん過熱していないので大量に食べていいわけではありませんが、ちょっと舐めたりしても大きな害はないので小さいお子さんでも安心です。


遊んだ後はラップに包んだりビニール袋に入れたりして冷蔵庫で保存しましょう。塩が入っているので数日間は遊べます。


ただ食品なのでカビてくる可能性も…。匂いや色が変だなと思ったら処分して、新しく作り直してください。

スタンプ遊び

絵の具やスタンプ台、朱肉などがあればスタンプ遊びができます。


スタンプにするものは、洗えるものなら何でもOK!例えばブロックやおもちゃ。デコボコなどを活かした面白い模様ができますよ。段ボールの断面や紙を丸めたものでもOKです。


また、野菜の端っこを使ってみるのもいいですね。端っこの捨てる部分をちょっと大きく切ってみれば、もったいない!ということもありません。おすすめはレンコンやピーマン、オクラなど穴が開いていたり形がユニークだったりする野菜です。


本当に何にもない!という時は、指や手の平を使っても楽しくスタンプができますよ。

シール遊び

お絵かきに飽きたら、ちょっとシールを使ってみるのもおすすめ。


キャラクターのシールでなくてもいいです。100円ショップにあるような、丸形の赤や黄色のシールで十分。むしろこの方が、いろんなものに変身して面白いんですよ。


例えば、紙を服やズボンの形に切ってあげて、そこにシールを貼ればオリジナルの洋服ができます。かき氷やアイスの絵を描いてあげて、そこにシールを貼ればトッピングになりますね。シールと合わせてクレヨンなどで色を付けても楽しめますよ。

遠足ごっこ

じっとしていられないなら、遠足ごっこはどうでしょうか?リュックにお菓子や飲み物、おにぎりを入れて、お家の中や保育園の中を探検します!


いつもの場所も、見方を変えれば全く違った遊び場になります。階段で山登りをして、お布団でかくれんぼ、窓から外を見て宝物探し、散らかったおもちゃをよけて歩いて探検ごっこ…。お昼の時間になったら、いつもと違う部屋でシートを広げておにぎりを食べたりすれば、室内でも十分遠足に行った気分になります。 


実はこれ、保育園で遠足が中止になってしまった時によくやる遊び。違うクラスや体育館、普段はあまり入らない園長先生のお部屋など、本当に遠足をしている気分で歩くと楽しいですよ。電車みたいにつながって歩くのもいいですね。

片付けのコツ


室内遊びは、部屋が汚れてしまうのが困りもの。片づけをラクにするには、はじめに対策をしておくのがコツです。


スタンプやねんどで遊ぶ時は、机にビニールを広げてテープで固定します。いらないゴミ袋などを開くと大きいビニールが用意できますね。そうすれば、汚れてもビニールを回収するだけで終わりです。ちょっとくっついてしまいますが、新聞紙や広告でも代用できますよ。


床も新聞紙をあらかじめ広げておけばそれを丸めるだけで片付けが終わります。

お絵かきやブロック遊びに飽きたら試してみて


今回ご紹介した遊びは、特別な道具がいらない簡単な遊びばかりです。お絵かきやままごとの延長でできるものもあります。


いつもの遊びに飽きてしまったら、ちょっと違うアイテムを用意してみたり、「今日だけ」という特別なものを出してみたりするだけでも、ぐっと楽しくなりますよ。


保育園でも家庭でもできる遊びなので、保育士さん、そしてママさん、ぜひ試してみてくださいね!