子どもの食事の好き嫌いで悩んでいるママ、パパは多いと思います。味付けや調理法をいろいろ試してみても、なかなか食べてくれないことも多いでしょう。


それどころか、口を開いてくれないから味を工夫しても意味がないなんてこと、ありませんか?


まずは、「一口食べてみよう」と思う気持ちができないと先に進みませんよね。


そこで今回は、食べてみる気持ちを作るのにおすすめの方法をご紹介したいと思います。


好き嫌い克服におすすめ!料理のお手伝い

好き嫌いを減らすのにおすすめなのは「料理をお手伝いすること」です。実は保育園でも給食のお手伝いってよくやるんですよ。


簡単なことでも何かお手伝いをすると、「自分で作った料理」になります。自分で作ったものは、いつもと同じ料理でもなんだか違うものに感じます。嫌いな食べ物を食べてみるいいきっかけになりますよ。

小さい子どもでもできるお手伝い


「料理」というと難しく考えてしまいがちですが、子どもでも安全にできる簡単なお手伝いはいっぱいあります。家庭でもできる簡単なお手伝いをご紹介しますね。

①ちぎる

「ちぎる」のは、小さなお子さんでも簡単にできるお手伝いです。レタスやキャベツをちぎって盛れば、それだけで立派なサラダですね。


また、きのこを小さくちぎる(さく、とも言いますね)のもいいですね。きのこはそのままだと噛みづらくて苦手なお子さんも多いので、小さくちぎることで食べやすくなります。こんにゃくや豆腐もちぎって鍋に入れれば、汁物や煮物ができますよ。

②皮をむく

野菜の皮むきも簡単にできます。特に玉ねぎの皮むきは初心者さんにおすすめ。玉ねぎは皮がいっぱいあること、触ってみたら涙が出ること、いろんなことを学ぶきっかけにもなりますよ。


また、少し慣れてきたらニンジンや大根の皮むきにチャレンジしてもいいでしょう。長いままでまな板において皮むきをすれば、手を切る心配も少ないと思います。


じゃがいもはちょっとハードルが高いので、柔らかくて長さのある野菜から始めてみるといいでしょう。

③形を作る

簡単なお手伝いに慣れてきたら、形を作ることにチャレンジしてみましょう!ハンバーグの形を作る、コロッケを丸めるなどがいいですね。うまく丸にならなくても、自分で触れて料理をすることが大切です。


衛生面が心配であれば、使い捨ての手袋を使用するといいでしょう。


一番いいのはおにぎりです。好きな具を入れてラップで丸めるだけで、一人で全部お料理をしたことになりますね。おにぎりはおやつにもいいので、気軽にやってみるといいですよ。

④混ぜる

混ぜるのはお菓子作りでもできますね。ゼリーやホットケーキの元を混ぜたり、クリームを混ぜたりするのはとっても楽しいお手伝いです。


他にも、卵を溶いたり、ドレッシングを混ぜたり、パスタにソースを絡めたりといったこともできますね。


料理のはじめや終わりによく出てくるお手伝いなので、比較的安全に無理なくお願いできると思います。

⑤盛り付ける

料理のお手伝いをしたら、ぜひ盛り付けをしてみましょう。全部でなくてもいいです、仕上げにトマトを乗せる、ソースをかける、ねぎをパラパラとかける、それだけでも立派な盛り付けです。


オムライスやお好み焼きなら、ケチャップやマヨネーズを使ってちょっとお絵かきをしてみてもいいですね。


名前を書いたり絵を描いたりすると、食べるのも楽しくなると思います。

自分で作れば興味がわく!初めてのものも食べられるかも


いつもと同じ料理でも、特別な味付けをしなくても、自分で作ったというだけでなんだかおいしく感じるんですよね。


保育園でも料理のお手伝いをすると、給食の時間は大盛り上がり。「これ〇〇くんが切ったニンジンじゃない!?」「私が皮むきした玉ねぎがあった!」と、苦手なものでも食べることができていました。


嫌いなものを無理に好きにならなくてもいいです。でも、嫌いなものを自分から進んで一口食べることができたら、それは子どもも大人も嬉しいですよね。お手伝いには、そんな不思議な力があります。


ぜひ、嫌いなものを食べるきっかけづくりに、親子で一緒にお料理をしてみてください。