みなさん一眼レフカメラを買った後、背景がボケないと困っていませんか?

それはレンズのせいです。背景をぼかせるレンズにつけ変えましょう!

写真のボケ具合と明るさを調整するには、F値(しぼり)、シャッタースピード、ISOという3つの要素があります。

今回はF値にスポットを当てて、ボケ感を調整するコツをご紹介します。

F値とは、レンズの明るさを示す指標で、F値が小さいほどレンズは明るくなります。(ちなみにF値のFは「焦点の」を意味するfocalのこと)

まずお持ちのカメラをAvモード(絞り優先モードにしてください)

明るいレンズに付け替えよう


「明るいレンズ(光がたくさん取り入れられるレンズ)」とは、F値が小さいレンズのことです。

↓たとえばこちらのレンズのFの値は1.8。



出展:canon(EF50mm F1.8 STM

↓こちらのレンズのFの値は一番小さくて3.5です。



出展: canon(EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II

このように Fが0に近いレンズを「明るいレンズ」と言い、F値が大きいレンズを「暗いレンズ」と言います。

明るいレンズ(F値が小さいレンズ)
2つのメリット


①F値が小さければボケまくります。


ピント面を自分で調整しやすくなります。

例えば、F1.4だと子供のまつげに合わせて写真を撮るなんていうこともできる。



F値を理解すれば、あえてボカしすぎずに、顔全体にピントが来るように撮ることもできます。



↑こちらの写真は F5.6。

このようにボケの具合はF値と大きく関係します🎶

②F値が小さければ暗い場所でもOK。


暗いとオートフォーカスが反応しなくなりますが、明るいレンズを使えば反応できる幅が増えるため、少し暗くてもお手軽に撮れちゃいます✨

ここまででお分かりでしょうか?

F値とは、明るさやボケを機械的に調整できるものです!

次にF値を利用した作例をご紹介します。

F値でピントの具合を調整


F1.4 → 被写体以外ボケてる写真 (人物写真などに、多く使用します)

F11 → 全体がクッキリと写っている写真(風景など、すみずみまではっきり写したいときに多く使用します)

作例

F1.4 SS500 ISO100


F5.6 SS500 ISO1600


F11 SS500 ISO6400

気づいた方は中級者カメラマン!!

そう、上記3枚は同じ明るさで撮影しています。

シャッタースピードは一緒。F値とISOが変化してます。F値を絞れば絞るほど(数字を大きくするほど)ほど光が必要になるためです。

F値を変えるだけでこんなにも印象が変わるんですね!

思いっきり背景をぼかすものよし!はっきり写すのも良し!表現の方法は十人十色📸

少し難しくなってしまったので、ISOとシャッタースピードについてはまた次回の記事で!

背景をぼかすのにオススメのレンズはこちらの記事をチェック!

ボカして撮りたい時はコレ!ママの知らないコスパ最強レンズ。

Photo : よっしー

「カメラマン」になりたいママ募集中!

子供とカメラが大好きで、好きなことを仕事にしたいママさん・保育士さん・女子大生さん!

完全初心者からでも、カメラ機材をお持ちでなくてもOKなので、ぜひご連絡ください💡

徹底的な研修サポートや機材レンタルによって、どなたでも「フォトリカメラマン」として働いていただけるようになります✨(時給4,000円)

メール:magazine@photream.com