「大好きな友達が大好きなモノは、大好きになりたい…

だから今日も、
僕はコンブオニギリを食べる」

粗方、こんな心境なのでしょう。

雑な新幹線オニギリに、
毎回テンションあげてくれる純粋なデコ太郎でした。